要らない物、捨てる前にまず買取してもらうことを考えよう

宅配買取とは

宅配買い取りを利用する

不用になった本は自宅近くの古書買取店に持ち込んで買い取ってもらうという方が多いですが、こういった買い取り方法は損をしている可能性があります。実は現在、買い取りはインターネットの中でも行われているのです。 ネット買取りは宅配買い取りとも言われています。古書をダンボールに詰めて梱包し、買取業者に送って買い取ってもらうシステムです。自宅近くの買取店に持ち込むよりも高価買取が期待できるのがこの宅配買取です。 そもそも古書買取業者も数多く存在し、それぞれ得意とする分野が異なるため、どこでどの本を売るかによって買取金額が大幅に変わります。そのため、ネットで業者を探して、一番お得に買い取ってもらえる業者を探すのが良いとされているのです。

相場は一概ではありません

気になるのはいくらで売れるのかですが、相場が分からないことには査定をしてもらっても売るべきかどうか判断ができないでしょう。しかし古書の相場は算出するのが難しくなっています。 古書買取業者によって、どんな本の買取に力を入れているかが変わるため、売る業者次第で査定額は一概ではありません。例えばA社では300円だったものが、B社では800円になったということもザラにあり、場合によっては数千円ものが差額が生じるケースもあります。よって、各社に査定をしてもらい、比較をした上で古書買取を考えるのが賢い選択でしょう。 各社に査定をするのなら、まずはメール査定からお願いしましょう。メールで本の概要を伝えるだけで、大よその金額をメールで教えてもらうことができます。

↑ PAGE TOP